高度副プログラム等

人文学研究科 大学院等高度副プログラム

デジタルヒューマニティーズ:分析方法論と実践

プログラムの趣旨・概要

デジタルヒューマニティーズは,伝統的な人文学(ヒューマニティーズ)とデジタルとの有機的な結合により,人類知の取得,解釈,比較,参照,表現の方法などの再構成に取り組む分野横断的な研究・教育領域である。それは,文字や紙媒体だけでは不可能な資料・史料の理解やテクストの読み,エビデンスの可視化(visualization),独創的なリサーチクエスチョンの創成,そして方法論的共有地(methodological commons)に基づく協働(interoperability & collaboration)などを通して,人文知の新地平を切り開く取り組みでもある。デジタル化されたテクストや資料,史料に最新の解析技術を応用することにより,従来のリニアなアプローチだけでは不可能な現象の把握やエビデンスを視覚化することを可能にするデジタルヒューマニティーズの方法と実践を通して人文学データを新たな角度から読みなおすのが当プログラムが目指すところである。

修了要件・その他詳細

プログラム実施組織
人文学研究科 言語文化学専攻
修了要件単位数
8単位以上
受講対象者
修士・博士
標準履修期間
1年
対象者制限の有無
受講資格・条件
無し
到達目標
当プログラムは,提供する講義とコースワークを通して,デジタル化した人文学データを的確に取得,解釈,比較,参照,表現する方法を学び,ニーズに合致した情報の鉱脈を掘り当て活用する高度な「デジタルヒューマニティーズ・リテラシー」を修得することを目標とする。
カリキュラムの構成
当プログラムは,デジタルヒューマニティーズの現在(いま)を俯瞰する概論科目(言語文化研究科,文学研究科,基礎工学研究科,データビリティフロンティアに属する教員によるリレー講義形式で実施)を必須要素とし,自然言語処理のモジュールとコーパスマイニング,データ解析に関するモジュールによって構成されている。それぞれのモジュールで基礎理論と応用実践の方法論を有機的に組み合わせて教授する。自然言語処理では言語データを取り扱うためのプログラミングや,処理ツールを駆使する技法を習得する。コーパスマイニングに関しては,コーパスデザインに関する理論や,人文学資料の電子化・構造化に関する基礎論からテクスト電子化のための国際共通規格であるTEI (Text Encoding Initiative:)などについて学ぶ。さらに,データ解析のための統計数理モデルに関する講義を行うとともに,実践的なコーパス分析から解析結果の視覚化(Visualization)技術を応用し,いわゆる ‘Distant Reading’ (Franco Moretti, 2013)の演習を行う。
修了要件
8単位以上。デジタルヒューマニティーズ概論(2単位)が必修科目(令和元年以前のプログラム申請者は除く)
特記事項
プログラムに該当する授業の内容は、KOANのシラバスと各授業の第1回目の授業にガイダンスがありますので、それを参考にしてください。
問い合わせ先
人文学研究科・豊中事務部 学務係
TEL: 06(6850)5863
E-mail:jinbun-gakumu[at]office.osaka-u.ac.jp
※ [at]は@に置き換えてください。

世界の言語文化とグローバリゼーション

プログラムの趣旨・概要

 人類は太古から大規模な移動を繰り返しながら、言語文化と集団を形成してきました。グローブ(地球)は現在、様々な仮想の境界線によって区切られると同時に、通信網と交通によってつながれていますが、海を渡る人々、陸を移動する遊牧民などに、国境や境界線はありませんでした。今日の世界地図が作られる契機となったのは、コペルニクスの地動説という宇宙についての認識の大転換の後に、西洋の海洋探検家たちの「大航海」によって、アメリカ大陸、アフリカ最南端、アジア、オセアニア地域の存在がヨーロッパで認識されるようになったからです。これらの地域の「発見」が、移民や奴隷貿易も含めた貿易の世界的拡大へとつながり、さらに、18世紀の産業革命以降のグローバルな変化は、世界を一変させました。工業力や軍事力を背景とした近代帝国主義の拡大により、非西欧地域の資源や労働力が搾取された半面、科学技術や近代的社会制度の普及が、世界各地の言語文化や社会構造に大きな変容をもたらしました。
 15世紀半ばから20世紀前半までの帝国主義の時代に、社会制度、産業、金融、貿易、軍事面で大変化がおこっただけではなく、地理学、人類学、民俗学等の学問研究の発展により、より広範で精緻な「世界観」が作り上げられ、その知識が著作物となって世界中に流通しました。
 一方、旧植民地が次々に独立を果たした20世紀後半からは、エドワード・サイードの『オリエンタリズム』(1978年)によって、世界に流通する「オリエント」認識が西欧の視点から作り上げられたものであることが明らかにされ、ポストコロニアル研究が、旧植民地の視点から植民地主義の歴史やその言語文化的な影響を批判的に検証し、旧植民地における新たなネーションと文化の形成に着目する研究を力強く進めていきました。グローバリゼーションによって国家や民族や宗教、さらにカルチャーやジェンダーの概念そのものが変容しました。また、20世紀後半以降には世界人口の急増に伴う森林伐採と資源開発の加速化、軍事と産業による核や原子力、AIなどの科学技術の開発が、生態系と社会構造に大きな変化をもたらしました。
 21世紀に生きる私たちは、気候変動、災害、感染症の拡大、廃棄物などの環境問題、紛争やテロリズム、社会格差の問題など、様々な課題を抱えています。そして、それぞれの民族や社会や個人は、ネーションの枠を超えて複雑に絡み合うグローバルなネットワークのなかで、自らを「主体者」として様々なメディアで自己発信をしています。
 本プログラムは、文学、メディア、芸術による文化表象や社会政治的事象を言語文化的視点から考察し、それらの表象や事象を生む世界の様々な言語文化と社会について深く学ぶことによって、異なる価値や思考に対する共感に基づく多様な社会のあり方を模索し、「他者」と向き合う想像力を養います。グローバリゼーションの世界システムの構造的暴力を批判的に検証すると同時に、自らが発信者となってグローバルなネットワークの構築の可能性を開拓し、文化の交差点に生きる私たちの立ち位置を考えることにより、サステナブルな社会のあり方を思考するための高度な国際性の涵養を目的とします。

修了要件・その他詳細

プログラム実施組織
人文学研究科 言語文化学専攻(連携部局:人間科学研究科)
修了要件単位数
8単位以上
受講対象者
修士・博士
標準履修期間
1年
対象者制限の有無
受講資格・条件
無し
到達目標
本プログラムの学習を通して、以下の能力を備えた方に修了認定書を授与します。
  1. 理論的な枠組(文学・文化理論、関連分野の理論など)を理解している。
  2. 文化事象や社会事象(帝国主義とグローバリゼーションの関係性、産業・資本・メディア・言語文化のグローバル化、ネーション、ジェンダー、土着文化、サブカルチャー、文化の受容と発信、異文化接触、翻訳を通した異文化理解、国際関係の協調性と敵対性、国境を越えた人的・文化的な交流、移民・難民・テロリズム、人とモノと自然の共生、環境問題などのテーマを例とする)について、世界の様々な文学や表象の分析、社会政治学的考察、フィールドワークなどを通して、具体的に理解している。
  3. 上記の理論や知識を応用し、言語文化について論じたり、現代社会が抱える諸問題について考察し、自らの考えを表現できる。
カリキュラムの構成
本プログラムのいずれの科目も、上記の到達目標に掲げた文学・文化理論と関連分野の理論の理解や、文化事象・社会的事象を分析し論じる能力を高める授業を行い、私たちが生きている「世界」に対する理解を深め、そのあるべき姿について考える契機を提供します。本プログラムの構成は段階的な科目配置ではなく、受講生の関心に合わせて、グローバリゼーションの影響のもとにある世界の様々な言語文化や社会のあり方を横断的に学ぶことのできる科目配置になっています。科目を多く履修すればそれだけ広範囲な知見を獲得することができます。
修了要件
対象科目を履修して8単位以上取得すること。
特記事項
本プログラムは大阪大学のSDGs教育プログラムのひとつです。言語文化と社会との関係について関心があり、その関心を深め、私たちを取り巻く状況の本質を追求しようとする意欲を持っていることを条件とします。文理を問わず、将来、国際的視野を必要とする職を志望する皆さんの積極的な参加をお待ちしています。(科目によっては、英語で行われる授業や、英語と日本語以外の言語能力が求められることがあります。個々のシラバスの履修条件を参照してください。)
プログラムに該当する授業の内容は、KOANのシラバスと各授業の第1回目にガイダンスがありますので、それを参考にしてください。
問い合わせ先
人文学研究科・豊中事務部 学務係
TEL: 06(6850)5863
E-mail:jinbun-gakumu[at]office.osaka-u.ac.jp
※ [at]は@に置き換えてください。

言語学

プログラムの趣旨・概要

近年、言語理論(統語論、形態論、意味論、音韻論、語用論等)の発展、また、統語論と意味論、音韻論と統語論、意味論と語用論等のインターフェイスに関する研究の発展は著しい。これに伴い、社会言語学、心理言語学、教育に関連する応用言語学等の研究の幅もさらに広がりを見せている。さらに、分野横断的な研究についても、脳科学として人間の言語理解・算出のメカニズムを解明するfMRI等を用いた実験研究、自然言語との比較が欠かせないAI関連の研究等において言語学的な知識は必須である。また、政府の言語政策、社会階層と言語の関係、「標準語」と「方言」等、社会的、文化的、歴史的背景を正しく理解した上での諸言語の現状や歴史の理解は言語学と社会学を含む諸分野との接点を成すものである。このように言語学研究は分野横断的な側面を意識しつつ、新たな次元にシフトしつつある。本プログラムは、このような現状を踏まえ、言語学を体系的に学び、個々の専門分野・興味に合わせ「言語」を多角的に考察する力を育成することを目的とする。

修了要件・その他詳細

プログラム実施組織
人文学研究科 言語文化学専攻
修了要件単位数
8単位以上
受講対象者
修士・博士
標準履修期間
1年
対象者制限の有無
受講資格・条件
無し
到達目標
本プログラムの履修を通して、以下の能力を備えたものに修了認定書を授与する。
  1. 言語学諸分野ならびにその関連分野について高度な知識を体系的に身に着けている。
  2. 世界の諸言語について現状、課題等が理解できる。
カリキュラムの構成
本プログラムは、言語理論、世界の諸言語、社会言語学、応用言語学等の授業を幅広く提供する。本プログラムの構成は段階的な科目設定ではなく、受講生の興味に合わせ、言語学の諸分野がカバーできる科目配置になっている。よって、科目を多く履修すれば、それだけ広範囲な知見が得られる。
修了要件
対象科目を履修して8単位以上取得すること。
特記事項
言語学の基礎知識があることが望ましいが、必須ではない。言語に関して広く関心があり、言語を学問的に考察する意欲を持つ学生を歓迎する。
プログラムに該当する授業の内容は、KOANのシラバスと各授業の第1回目にガイダンスがあるので、それを参考にすること。
問い合わせ先
人文学研究科・豊中事務部 学務係
TEL: 06(6850)5863
E-mail:jinbun-gakumu[at]office.osaka-u.ac.jp
※ [at]は@に置き換えてください。

インターカルチュラル・コミュニケーションの理論と実践

詳細は 大阪大学国際教育交流センターのページ をご覧ください。